働かずに儲ける方法として誰もが考えるのが株式投資でしょう。リスクが付きまとう株式投資で儲けるにはどうすればいいのでしょうか?

企業が運用するためには多額の運用資金が必要になります。
銀行からの融資によって資金を得ることもできますが、期日までに金利を付けて返済しないといけません。
返済することのない資金を得る方法としては自社の株券を投資家に売って資金を得ることです。

投資家が株を購入すことで、企業の業績が好調であれば、配当金を受けることができます。
企業が上場していると株式を市場で売買することができます。
株価は企業の資産によって、適正な価格が決まります。
例えば、企業の資産が100億円であれば、時価総額が100億円が適正な価格になります。
しかし、企業の業績が悪く、資産を売却する可能性が高くなれば、時価総額が企業の資産よりも低くなることがあります。

また、会計帳簿に記録された企業の資産や負債の評価額のことを簿価といいますが、簿価は時価ではなく取得価格で評価するため、簿価と実際の資産価値には誤差があります。
企業が増収増益であったり、企業買収を行えば、企業の資産が増えるので、株価が上がりやすくなります。
ただし、投資家は将来の企業価値を先読みして、株取引を行うため、適正な価格であることはほとんどありません。
経済ニュースや企業のIRなどの情報によって、日々、株価は変動します。

経済が安定的なインフレ基調であれば、企業の業績は上がりやすくなります。
例えば、100円の商品を10万個売れば、売り上げが1000万円になります。
翌年、2%物価が上昇すれば、102円となり、昨年と同じ10万個売れば、売り上げは1020万円になり、売れた個数が同じでも売り上げが上がることになります。

インフレ基調によって、企業の業績が上がりやすくなれば、株で儲かりやすくなります。
投資をし始めの頃は投資顧問を利用するのも手です。
しかし株選び同様、投資顧問選びも重要になってきます。
迷った場合、投資顧問の口コミサイトを参考にして決定するといいでしょう。