働かずに儲ける方法として誰もが考えるのが株式投資でしょう。リスクが付きまとう株式投資で儲けるにはどうすればいいのでしょうか?

  • ホーム
  • 野村證券ではNISAに力、昭和電工の株に注目

野村證券ではNISAに力、昭和電工の株に注目

2016年からNISAの非課税投資枠が120万円に増えましたので、ますます利用しやすくなりました。
NISAを利用するにはNISA口座を作らなくてはなりませんが、野村證券でもNISAに力を入れています。
口座を作るには、申込書と住民票の写しなどの申込書類を提出します。
野村證券が税務署に口座の開設を申請し、確認書が交付されたら開設は完了です。

なお、もともと野村證券の本・支店に口座を持っている場合、ネットでの口座を持っている場合、まったく持っていない場合で申し込み方法は異なりますので、問い合わせるといいです。
また、野村證券では口座の管理料がかかりません。
NISAで投資できるのは株式、投資信託ですが、銀行では株式を購入できません。
なので、NISAを使って国内上場株式に投資してみたい人は野村證券でNISA口座を作るといいです。

野村證券では顧客にチャートでどういう商品がよいか調べて提案していまして、例えばリターンは追求したい、それでいて値動きがわかりやすいものがいい、というタイプは個別株式がよいとなります。
チャートを利用し、自分に向いているものを選ぶといいです。
日本国内の上場企業は海外にも進出して事業をしていますので、株価も海外の情勢が影響します。
特に影響が大きいのは円安や原油安ですが、例えば昭和電工は石油化学を主な事業としていますので、原油安は好材料です。

一方、昭和電工は中国と鉄鋼、アルミ事業で関係がありますが、中国経済が右下がりですとマイナス要因ですし、レアアースの調達などにも影響があります。
昭和電工のような事業の企業に投資する際には、円高円安、原油価格など様々な要素に注目していくことが必要です。